要注意!IPAアルコール・防毒マスクの必要性

IP(イソプロピルアルコール)

IPAアルコールは、アルコール濃度が99.9%と高くて1リットル1,000円ほどで購入できる商品です。
アルコールインクアートを行うには、濃度の高いアルコールは必須アイテムなので、お手頃価格なのはうれしいですよね。ただ、体に害のある毒性を持っているので取り扱い上特に注意が必要です。
ネット購入出来て誰でも手に入るので危険性も高まります。

そのIPAアルコールの毒性(体への影響)と使用する際に必須の防毒マスクについてまとめています。

IPA(イソプロピルアルコール)の毒性

一度吸引しただけでも特定臓器中枢神経、腎臓、気道への刺激や障害を起こす恐れがあります。

長期吸引すると、血管・肝臓・脾臓に障害を起こす可能性があります。親動物体重の低下、麻酔作用等の毒性を示した用量で、妊娠率の低下、吸収胚の増加、胎児死亡の増加等の生殖毒性が認められた。(動物実験)
※厚生労働省・三井化学参照

臓器の中枢神経や気道への毒性については人体でも同様のようです。
妊娠等については実験なので人とは違うかもしれませんが、妊活中の方や妊婦さんは特に注意をして使用されるのが良いと私は思います。

これだけ見ると怖くなりますが、使用上の注意を守れば問題ありません。

使用時の注意点

アルコールは上に揮発していくので、作品つくりをしていると必ずIPAを吸引します。
IPAを使用してアルコールインクアートをする際は必ず【防毒マスク】を装着します。
(窓の開放などの換気も必須です)

ガスマスク

防毒マスクはこういった物です。
本体と吸気フィルターが別売りになっていて、両方を購入する必要があるのでご注意ください。

私は吸気口が一つの物を使用していますが、吸気口が二つの商品もあります。

二つ穴の方が視界の邪魔にならず作業がしやすいのですが、フィルターがダブルで必要なのでコストがかかります。
なので私は一つ穴です。(ケチと言わないで)

アートをする時は窓の換気も行うので、一つ穴で十分かと思いますがしっかり新鮮な空気を取り入れたい方は二つ穴の方が良いかもしれません。

防毒マスクの使用規定時間

本体自体は使い続けられるのですが、吸気口フィルターには使用時間の決まりがあります。
商品によって異なりますが、私が使用しているガスマスクは24時間です。
※二つ穴の方はフィルターが二つになるので、使用時間が倍になります。
どの商品もですが、使用規定時間が過ぎると合図があるわけでは無いので時間は自己管理しなければいけません。

IPAを使って作品を楽しむときは、タイマーを鳴らすなどして時間を計っておくことをおすすめします。
時間を図るだけだと次の使用時にわからなくなる事があるので、マスキングテープに【残●何時間】と書いて貼っておくと管理がしやすいです。

まとめ

気軽に手に入るからこそ気を付けるべきIPA、健康的に正しくアートを楽しむ為に使用時はガスマスクの着用を行ってください。お部屋の換気と火気厳禁にもご注意です♪

最後までご覧いただきありがとうございました(*^-^*)

[sitecard subtitle=関連記事 url=http://new.pulcherest.com/alcohol/ target=]

[sitecard subtitle=関連記事 url=http://new.pulcherest.com/taisyoku-hogo/ target=]

yuko

yuko

キャッチフレーズ

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

PAGE TOP