お家で子供と一緒に楽しめる♪アルコールインクアートの材料とやり方

Instagramを中心に広がってきているアルコールインクアート
少ない材料で始められる事も人気の理由ですが、お子様も一緒に楽しめる気軽さも魅了の1つです。

この間、私の友人が「アルコールインクアートって幼稚園と小学生の子供もできる?一緒に試してみたい」と言ってくれたので親子で一緒に体験を楽しんでもらいました♪
今回のブログはアルコールインクアートを親子で楽しむ為の材料とやり方についてまとめています。

親子で楽しむアルコールインクアート体験

子供も楽しめるアルコールインクアート体験画像

必要な材料と道具

◆無水エタノール
◆スポイド
◆インク(100円均一のインク使用動画有)
◆用紙(専用紙)
◆汚れ防止アイテム
◆ストロー

無水エタノール

アルコールインクアートを行うためには度数の高いアルコールが必要です。
薬局などで購入できる無水エタノール(1400円前後)も度数が高いので、アートを行うにはおすすめです。

無水エタノールは残っても、薄めて消毒液やお掃除にも使えるので再利用できてうれしいですね。
※無水エタノールはアルコール度数が高い製品です。
使用の際はお部屋の換気と火気厳禁なのでご注意ください。

スポイド

スポイドは無水エタノールを吸い上げるのに使用します。
こちらは100円均一で購入可能です。
ダイソーだと、書道用コーナーに8本入りで販売されているので一袋でご家族全員で楽しめます。

インク

インクは100円均一でも手に入ります。
ダイソーとセリアのインクを試してみたので動画を載せます。
動画では2色ずつ(合計4色)試しています。

試した感想は、個人的にはセリアよりダイソーのインクの方が広がりがキレイでした。
2色セットで色の種類の多数販売されていて、ペン型なのでアルコールインクアートをした後もお絵描きに使用できるのが良いですね。
※体験ではコピックインクを使用しています。

用紙

用紙はユポ紙がおすすめです。
10枚入りの少数で販売されているので購入しやすいのがおすすめの理由です。
画用紙などの普通の用紙だと、アルコールインクが下に染みて広がらないのでご注意ください。

用紙のほかに、プラスチックやプラ板にも描くことができます。
こちらはダイソーなどの100円均一でも手に入るので手軽です。

汚れ防止アイテム

アルコールインクは油性なので、お洋服や机につくと取れません。
肌に付着すると数日取れないので汚れ防止対策が必要です。
アートを楽しむ際は、机の上にごみ袋を敷いて養生したりエプロンやビニール手袋の着用がおすすめです。

ストロー

すべて準備が整ったら、用紙に無水エタノールとアルコールインクを垂らします。
その部分を広げるためにストローで吹いて風を送ります。

親子で楽しむアルコールインクアート体験親子で楽しめるアルコールインクアート体験画像お姉ちゃんのストロー姿が真剣で可愛い♪
ストロー以外でも、自分の息でインクを広げても仕上がりが変わるので楽しいです(*^-^*)

仕上がった作品

お子様2人の作品

インク選びも自分でしてくれました(*^-^*)
用紙にいっぱいインクを広げて楽しんでくれたのが伝わります♪

親子で楽しめるアルコールインクアート体験画像

お母さんの作品

海が好きなので、オーシャンセットのインクで体験してくれました。
こちらもセンス良い♪
なんとなく親子作品が似てる気がして、微笑ましいです(*^-^*)
親子で楽しめるアルコールインクアート体験画像

まとめ

幼稚園と小学生のご姉妹なのですが、やり方を説明すると2人とも最後までほとんど1人で作品を仕上げてくれました。

完成した作品を額に飾るだけでなく、シールを貼ったりしてさらにオリジナルにアレンジするのも楽しくておすすめです♪
ストローを使用するやり方だととっても簡単なので、お家での過ごし方にアート体験を取り入れるのはいかがでしょうか。

アルコールインクアートを楽しむ際はお部屋の換気を必ず行うことと、火気厳禁なので火のもとにお気をつけください。

最後までご覧いただきありがとうございました(*^-^*)

材料がすべて揃ってる♪体験キット詳細はこちら

セルフ体験キットにユニコーンカラーも追加販売しています。
こちらの作品と同じインク+2色となっています。
[sitecard subtitle=関連記事 url=http://new.pulcherest.com/gallery06/ target=]
※まだショップに出していないので、気になる方はお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせフォーム

オーシャンセット作品例はこちら

yuko

yuko

キャッチフレーズ

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

PAGE TOP