ギャラリー28・作品と使用インクカラー紹介

ギャラリーでは「作品に使うインク選びが難しい」「アルコールインクアートを始めたいけどインクはどれを買おう」などインク選びに悩んでいる方の何かの参考になればと思い、作品と使用したインクをご紹介しています。私も最初はどのコピックインクを買おうかすごく悩んだ経験があります。
358色もあるので迷いますし、せっかくなら自分好みのインク色が欲しいですよね。

また、作品の描き方にも触れています。
私の個人的な気持ちや作品の難易度についても書いているので、そちらは流し見くらいでご覧いただければと思います。

アルコールインクアート28

円形のアクセサリーパネル用に描きました。
大阪アルコールインクアート教室Pulcherest(プルケレスト)

まだ切り取りは行ってないので、丸形のマットを置いて完成後のイメージはこちらです。
大阪アルコールインクアート教室Pulcherest(プルケレスト)

大阪アルコールインクアート教室Pulcherest(プルケレスト)

大阪アルコールインクアート教室Pulcherest(プルケレスト)

原画のままも良いのですが、形取ると魅力が増します♪(絶対可愛くなります)
アルコールインクアートは好きな部分を切り取って、いろんなアイテムに変えることができるのも楽しいです(*^-^*)

アルコールインクアートで作れる作品一例まとめ

使用したインク

E89
Pecan
ぺカン

コピックインクE89

ペカンナッツをイメージして作られたインクです。
濃い黄みの茶色に若干の緑味を加えた色。
黄土色系統強化のためにE84と共に追加。
参照元コピック公式サイト

コピック公式サイトの説明にもあるように黄色や緑も混じっている為、他のインクと混じった時に独特な色の深みがでるインクです。
くすみが強いので同等のインクと合わせると大人っぽい作品が描けます。

少し温かみのあるブラウンなので、チェリー系のフローリングのお部屋の小物に使用すると似合いそうなカラーです♪

RV95
Baby Blossoms
ベイビー・ブロッサム

コピックインクRV95

若い花をイメージした深みのある紫色でワインカラー系統の補強の為に作られたインクです。
個人的には紫よりもくすみピンクという印象です。

こちらのインクを使用した作品をInstagramで投稿すると閲覧数などが上がる事が多く、万人受けするくすみピンクなのかなと感じています。
実際すごく可愛いです♪
色の濃さも5番なので使用しやすいので、おすすめの1本です。

BG78
Bronze
ブロンズ

コピックインクBG78

青銅をイメージして作られたインクです。
濃いめのインクですが、アルコールで広げると品のある鮮やかなグリーンに変化していきます。
毎回思いますが、BGシリーズはどのインクも好みで大好きです。

100
Black
ブラック

コピックインク100

今回の作品に使用したインクの全てが濃度・くすみ度も濃い物だったので、それに合わせて濃いめのブラックを締め色で入れました。

ブラックには100と110(スーパーブラック)があります。
100は青みがかったクール系で、110は墨のような色合いのニュートラル系です。
インク濃度的には100の方が染料配合が多くなっているそうなので色がしっかり出て落ちにくい印象です。

最後に

涼しくなってきたので濃いめのインクを手に取ることが多くなりました。
最近、自分用のスマートフォンケースやヘアゴムなどの持ち物も秋用に変えたので、なんとなく気分が良いです。

皆様もアルコールインクアート体験を通して季節を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

最後までご覧いただきありがとうございました(*^-^*)

※ギャラリーの作品はショップに出していないものもあります。
ご購入ご希望の方は【お問い合わせ】から【ギャラリーの番号】を記載の上ご連絡ください。
yuko

yuko

キャッチフレーズ

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP